妊娠しやすいサプリのおすすめランキング

makanaの成分について

makanaに入っている8大妊活成分とはどんなものなのでしょう?

 

日本産マカ、葉酸、スピルリナ、金時しょうが、GABA、DHA・EPA、
ルイボスティー、野菜22種類

 

日本産マカ

日本産マカは一般的なマカに比べて、アルギニン4倍以上、ベンジルグルコシノレート10倍以上、リジン1.7倍以上、プロリン2倍以上のスーパーマカです。

 

ホルモンバランスを整えてくれるアルギニンやリジン、ベンジルグルコシノレート、コラーゲンの源であるプロリンなど、妊活に嬉しい成分がたっぷり入っているのが魅力的です。

 

葉酸

makanaには、厚生労働省の推奨する「モノグルタミン型葉酸」400μgが入っています。
赤ちゃんに必要な栄養素も一緒に摂れるので安心ですね。

 

スピルリナ

FAO(国際連合食糧農業機関)が公に有用性を認めた食品で、FDA(アメリカ食品医薬品局)の安全性が高いと認められる食品リストに載っています。NASAとJAXAが宇宙食への活用を研究をしているほど、優れた食品です。たんぱく質・脂質、炭水化物(糖質)・ビタミン・ミネラルの5大栄養素に加え、なんと50種類以上もの栄養成分が入っています。

 

金時しょうが

体を活性化する「ジンゲロール」が普通のしょうがに比べて約4倍も入っています。

 

GABA

GABAはアミノ酸の一種で、イライラを取りのぞき、気持ちをリフレッシュさせる効果が期待されています。GABAで気持ちを穏やかに、楽しく妊活に取り組めそうですね。

 

DHA・EPA

DHA・EPAは、青魚に多く入っている必須脂肪酸で、厚労省も摂取を推奨しています。
体の中で作りだす事ができないので、食事から摂ることが必要になります。
性ホルモンをつくるサポートが期待できるので、妊娠しやすい体作りにはとても
需要な成分です。

 

ルイボスティー

ルイボスティーには亜鉛や鉄分、ミネラル、ポリフェノールなど、妊娠しやすい体作りに効果のある成分が含まれています。冷えの改善にも効果が期待できるので、妊活にとても適しています。

 

野菜22種類

毎日食べるのは難しい野菜がたっぷり入っています。
大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、かぼちゃ、さつまいも(アヤムラサキ)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、日本産マカ、トマト、野沢菜、れんこん
豊富な野菜で栄養がたっぷり摂れます。

 

 

makana口コミについて

 

makanaの実際の口コミにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

おかげさまで体調も改善され、第一子を授かることができました。
引き続き飲んでいこうと思います。今度は旦那にもすすめていきたいです。」
(公式サイトより)

 

「嫁から一緒に飲もうと言われ、半信半疑で始めましたがなかなか良いです。
毎日活力的に過ごすことができています。ありがとうございます。」(公式サイトより)

 

その他にも「冷えが改善された」、「目覚めが良くなった」、「生理痛が改善された」といった口コミも見られました。
makanaに入っている50種類以上の成分が、妊娠しやすい体作りをサポートしてくれているようです。

 

 

makanaの副作用について

 

makanaには副作用はあるのでしょうか?

 

公式サイトによると、「鉄分や亜鉛などは過剰摂取によって体調を崩してしまう場合があるのでお気を付けください。」との記載があります。
makanaには4粒に8mg(1粒約2mg)」の鉄分が含まれています。成人女性の1日あたりの鉄分摂取量は約6.6mg(厚生労働省調査)なので、平均的な食事であれば問題ないとされていますが、鉄や亜鉛などのサプリと併用するのは避けた方が良いでしょう。

 

また、添加物についてですが、保存料や着色料、香料などは使っておらず、サプリを固めるのに必要なものなど、最低限の添加物で作られているので安心して飲むことができます。